屋上防水で劣化を防ぐ【耐久性を継続させる】

記事リスト

雨漏りや劣化を防ごう

男性

屋上の防水加工工事をしてくれる業者はとても多く、しっかり探せばサービスに優れた優秀な業者にお願いができます。まずは現在の屋上の状況を把握し、業者に考えられる原因を伝えられるように準備しておきましょう。加工種類と業者によって値段が大きく変わので、注意しておきたいところです。

詳しく見る

新しい生活スペース

工具

都心部では狭小住宅が多くそれぞれが、工夫して快適に生活を送る為の努力をしています。最近では一般住宅でも屋上を、防水して生活スペースとして利用しようと考えるオーナーが増えました。施工前に防水の種類を検討しておくと、ハウスメーカーとの相談の時にもスムーズに話が進められます。

詳しく見る

雨漏り防止や水はけ改善に

積み木

屋上のあるマンションや住宅では、雨漏り防止や水はけを保つため定期的な防水工事が必要になります。技術が高く希望や費用に合った工法を提案してくれ、明確な見積もりを提示してくれる信頼と実績ある業者を選びましょう。

詳しく見る

確かなメンテナンス

婦人

マンションやビルの屋上を防水する方法は、いくつかあります。最も普及している方法は、ウレタン防水です。塩化ビニル系による方法は、紫外線や直射熱から屋上を守る働きがあります。また最も耐用年数が長い方法は、アスファルト防水です。

詳しく見る

保証付きが安心

雨

屋上の防水工事業者を探すときには、インターネット上で探すことができるようになっています。その際には、無料見積りの可否や、工事後の保証期間の有無などのサービスが行き届いている業者であるかを確認することが重要です。

詳しく見る

選ばれる塗装法

一軒家

ウレタン塗装

屋上のある建物で、雨水の浸水を防ぐために防水工事をする必要があります。防水工事は10年に一度しておくことが良いと考えられていますが。屋上防水には様々な工法があります。一般的に行われるのがウレタン防水です。ウレタン防水はウレタン系の塗料を用いた塗装方法です。他にもシート防水やFRP防水、アスファルト防水があります。どの方法も浸水を防ぐ効果が高いですが、コスト面と耐久麺を考えるとウレタン防水が良いと考えられます。屋上は雨の影響を受けやすく、強い日射の影響も受けます。どの工法も良いのですが、一番お値打なのがウレタン塗料を用いた工法です。問題となるのは下地処理です。塗装面の剥がれなどの箇所をキレイに処理していおき、クラックを確認したらあらかじめコーキング等で埋めておきましょう。下地が整ったら、塗装の吸着と浸透を助けるプライマーをしっかりと塗りつけます。プライマーが乾いてからローラーを用いて塗装します。一度塗装した場所は乾燥するまで待ち、完全に乾いてからウレタン塗料を塗り重ねます。ウレタン塗装の耐久性を上げる要素に下地処理が重要となります。通常は耐久性が10年と言われるウレタン塗装でも、しっかりとした下地処理ができていると13年から15年持つとも言われています。正しい方法で塗装の吸着率が高ければ施工から10年後に屋上にトップコートのみを塗れば、さらに10年程度の耐久性を継続させることが出来ます。

Copyright© 2018 屋上防水で劣化を防ぐ【耐久性を継続させる】 All Rights Reserved.