屋上防水で劣化を防ぐ【耐久性を継続させる】

記事リスト

確かなメンテナンス

婦人

種類を覚えておく

マンションやビルの屋上は、常に直射日光や降雨などにさらされている場所です。特に、雨漏れ対策は十分に行っておかないと、居住スペースへ浸水させてしまう可能性があります。屋上に防水対策を行うには、いくつかの方法がありますので、十分理解しておくようにしましょう。多くのマンションの屋上で見られる対策方法は、ウレタン防水です。この方法は、液体状のウレタン樹脂を屋上全体に塗り付けていきます。そしてウレタン樹脂が固まりますと、弾性が発生して防水層が完成します。この方法による耐用年数は、約10年ほどです。塩化ビニル系のシート防水法も、かなり普及しております。この防水方法は、屋上面を紫外線や直射熱から守る働きがあるので、最上階の部屋が暑くなりにくいです。他の方法より施行手順は多いものの、より強固な防水方法としてアスファルト防水も有名です。この方法は、アスファルトを使用してルーフィングシートを積層していく事で、防水層が生成されます。一般的な耐用年数は15年から20年ほどで、最も長いです。FRP防水という方法を適用されてる建物も、見かける事があります。FRPとは、Fiber Reinforced Plasticsの略でして繊維強化プラスチックを指します。この方法は、屋上の他に一戸建て住宅のバルコニーなどにも使用されております。これらの防水方法は、施工期間や費用がそれぞれ異なります。目的と予算に応じて、選択していくようにしましょう。

Copyright© 2018 屋上防水で劣化を防ぐ【耐久性を継続させる】 All Rights Reserved.